【完全初心者向け】LINEスタンプの作り方【10分でできる】

LINE LINEクリエイター

LINEスタンプを作ろうと思ったけど、どうやって作るのだろうか…?

サイズとか色の指定ファイル指定とかいろいろ細かいことわかってないと、

作成できないのかな…?

やっぱり初心者、ましてや私のようなただお絵描きが楽しいだけの人じゃ作れないのかな

 せっかく作成したイラストをLINEスタンプ化するのにファイル形式やサイズで少し手間取ってしまったり、難しそうと思いLINEスタンプ化することを諦めてしまう方もいるかと思います。

 しかしLINEスタンプは非常に簡単に作成することができます。この記事では10分でLINEスタンプを作成できるよう完全初心者向けにLINEスタンプの作成方法を解説していきます。

 実際に私もイラスト初心者でありながらLINEスタンプを販売することができております。LINEスタンプはファイル形式やサイズの大きさをLINEのガイドライン通りに作成することで、だれもがクリエイターになることができるシステムです。ぜひこの記事を読んで諦めずにスタンプを作成しましょう!

この記事でわかること
  • LINEスタンプの作り方
  • LINEスタンプの概要
  • LINEスタンプのファイル形式
  • LINEスタンプの大きさ(サイズ)
  • LINEスタンプを作る際の注意点

LINEスタンプの作り方

 LINEスタンプを作る際に必要になってくるものとして以下の画像(イラストの枚数)とテキストが必要になってきます。

LINEスタンプの必要な画像
  • メイン画像 1枚 横240px × 縦240px 
  • スタンプ画像(選択式) 8個/16個/24個/32個/40個 横370px × 縦320px(最大)
  • トークルームタブ画像 1枚 横96px × 縦74px
LINEスタンプの必要なテキスト
  • クリエエイター名: 50文字以内
  • スタンプタイトル: 40文字以内
  • スタンプ説明文: 160文字以内
  • コピーライト: 50文字以内
LINE公式 スタンプの表示例 https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

 ちょっと複雑な数字が出てきてしまい、「うわ」っと思った方がいるかと思いますが、
要するに、スタンプ画像は【8個/16個/24個/32個/40個】のなかから選んでその枚数分作成することになります!

 また、メイン画像は商品を売るときに表示される画像、トークルームタブ画像はLINEでスタンプを送るときに画面の下の方に表示される可愛い画像ですね。

 ファイル画像の大きさについては後ほど詳しく解説いたしますので、今はすっ飛ばしてしまって構いません。

それでは実際にスタンプ画像を作っていきましょう!

LINEスタンプのファイル設定

#100日後LINEクリエイターになる人 #Day13

 今回LINEスタンプにしていくファイルがこの「お猿さん」のイラストです。みなさんでしたら、この2000倍くらいクオリティの高いスタンプができていると思いますが、こちらのスタンプにて解説をさせていただきます。

 まず作成する際はファイルの大きさをあまり考えずに作成してしまって大丈夫です。作成できたらこのイラストをスタンプ画像として登録するためのLINEが指定する大きさ、ファイル形式に設定をしていきます。

 LINEが指定するファイル形式が以下になります。

LINEが指定するファイル形式
  • 画像の容量は1MB
  • サイズは 横370px × 縦320px(以内、偶数指定あり)
  • 保存形式(フォーマット)はpng(背景を透過するため)
  • 背景は必ず透過する(イラストと関係ない線、色は消す)

 一つ一つ解説を加えていきます!

画像の容量について

 こちらはあまり深く考えなくてもいいと思います。イラストのデータで1MBを超えてくるものになると相当な色数を使って作成もしくは画像の大きさがかなり大きいものになってくると思います。

 今回のスタンプではサイズが横370px×縦320pxと縛りがありますので、ここまで大きくなる心配はありません。

今回の私のイラストのサイズ情報を下記に載せておきますのでご参考ください!

猿のイラストの情報
  • ファイル形式 PNG
  • サイズ(容量)12KB
  • 大きさ 360×270

 もしファイルが大きくなってしまうという場合は以下のhttps://tinypng.com/Webアプリケーションから画像を圧縮することができますので、お試しください!

TinyPNG – Compress WebP, PNG and JPEG images intelligently
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your WebP, PNG and JPEG images by 50-80% while preserving full transparency!

猿のイラストの情報

画像のサイズについて

 画像のサイズは先ほど記載しました通り「横370px × 縦320px(最大)」になります。

 また注意していただきたい点が二点あります。

画像の余白について
LINE【公式】スタンプ作成時のガイドラインhttps://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

 上の画像がLINEの公式のガイドラインが示す画像の余白についてです。縦と横に10pxほどの余白が必要と示しております。

 このように余白が必要なので画像を370px ×320pxの大きさいっぱいに作ると審査時に弾かれてしまう(リジェクト)可能性がありますのでご注意ください。

 今回私は、はじめから弾かれないようにするために、画像の大きさを【360px × 270px】とすこし小さめのサイズで作成をいたしました!

 ちょっと小さめにキャンバスを設定することで、仮に画面いっぱいで描いたイラストを作ったとしても申請の時にはキャンバスがそもそも小さいので安心して申請ができますので、ぜひ参考にしてください!

画像の大きさの指定(偶数サイズ)

 この偶数指定がなんのことだろうと思った方、多いはずです。これはLINEが画像を自動圧縮するために画像のサイズ(大きさ)を偶数指定にしてくださいという指定になります。

LINE【公式】ガイドラインhttps://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

 LINE公式のガイドラインにも小さく記述がされております。

 要するに、サイズ(〇〇px×●●px)を偶数にしてください、ということです

 今回の私のイラストデータを例にすると、画像のサイズは【縦360px(偶数) × 横270px(偶数)】になっていますので問題なく申請することができます。

保存形式について(.png)

LINE公式ガイドラインhttps://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

 保存形式はpng指定になっております。そもそもpngに指定をしないと背景を透過することはできません。png指定の方法がよくわからない方は下記の記事も参考にしてください

IllustratorによるロゴのPNGファイルの作り方 - 99designs
PNG(Portable Network Graphics)ファイルはラスターで、圧縮による画質の劣化がないウェブをベースとするファイルです。PNGファイルはウェブで画像を表示するのに最適です。またロゴデザインをクライアントに引き渡す際に必要なファイル形式の1つです。 クライアントは、Adobe Illustrator...
Affinity Designerの使い方: 画像の書き出し機能が便利ですよ編
このブログのイラストは、だいたいAffinity Designerで作っているのですが、画像の書き出しの設定がいまいちわからなくて困っていました。たとえば、PNG-24でRetinaサイズの画像だけ書き出したい場合、どう

背景は必ず透過する

 こちらは画像作成後も念のために確認をしておきましょう。pngファイルで保存をしても、背景に色や線画が残っているとLINEへの申請後、リジェクト(拒否)されてしまう可能性があります。

リジェクト対象の例

 上の写真のように線や色塗りの途中で背景に間違ってついてしまった色残りがあると申請後に修正の依頼がくる可能性がありますのでご注意ください!

イラストの作成後

 いかがでしたでしょうか!今回はLINEスタンプを作成する際の注意点や作り方について解説をいたしました。この作業を自分の作りたいスタンプの数に応じて、作成していきます!

LINEスタンプ申請画面の例

 こんな形で、私は今回8つのファイルで申請を出しました!

 申請の方法も詳しくみてみたいという方は下記のリンクに詳しく解説しておりますので参考にしてください!

#100日後LINEクリエイターになるチャレンジ #Day12

コメント

タイトルとURLをコピーしました