【初心者から】レイヤーの複製・反転!便利すぎる使い方!【Affinity Designer for ipad】#3日目

day-3-dog LINEクリエイター

 みんなさんこんにちは。ぐんたろです。本日も「犬」のイラストをAffinity Designerを用いて書きました。この記事ではAffinity Designerの使い方を初心からLineクリエイターを目指している私が、初心者の方にとって有益なAffinity Designerの使い方をお伝えします!

 今回の記事ではレイヤーの複製方法とそのレイヤーの反転方法について実際の画面のスクショを用いながら解説していきます。レイヤーの複製方法と反転方法だけでなく、実際のイラストでどう生かしていくかまで解説しますので、どうぞお付き合いください!

この記事でわかること💡

  • Affinity Designer for iPadのレイヤーの複製方法
  • Affinity Designer for iPadのレイヤーの反転方法
  • 実際のイラストでの応用方法について
  • レイヤーの複製・反転を生かして作った本日の作品

Affinity Designer for iPadのレイヤーの複製方法

 では実際のレイヤーの複製方法について画面をみながら解説をしていきます。まず複製したいオブジェクトを作成しましょう!今回は例として赤色の直角三角形を作成しました!

 この三角形を二等辺三角形にすることができる技術が、レイヤーの複製・反転です!これができると左右対称のイラストが書きやすくなりますのでぜひこの記事を読んでマスターしましょう。

レイヤー複製用のオブジェクトを作成

 この赤の三角形を二等辺三角形にしていくことを目標にやっていきます。まずはこの三角形のオブジェクトを複製します。下の画像を参考にやっていきましょう。

コピーの画面

レイヤーのコピーの方法は以下の手順になります。

  1. 選択ツールをタップ(画面左上の矢印マークです)
  2. ペンを持っていない方の手で画面を二本指でタップしたまま、
  3. 赤色のオブジェクトを触って移動させる(このとき二本指は離さないでください!)

いかがでしょうか?コピーができましたでしょうか?

 このレイヤーをコピーはAffinity Designerを使用してイラストや絵を書く時は必ずと言っていいほど使われると思いますので、ぜひやり方をマスターしてください。今回書いた私のイラストもコピーの連続で出来上がっております。デジタルアートの良さを実感しました。

それでは次にこのレイヤーを反転(鏡写し)にしていき、二等辺三角形を完成させましょう!

Affinity Designerのレイヤーの反転方法

 また実際の画面を参考にしながら進めていきましょう!まずは下の画像をご覧ください!

リフレクトの手順
リフレクトの結果

 レイヤーの反転の手順としては、

  1. 選択ツールをタップ
  2. コピーしたいオブジェクトを選択(今回の例だと三角形)
  3. 画面右側のメニューバー、下から3番目のものをタップ(変形のメニューが開く)
  4. メニューの「反転と回転をタップ(画像参照)」

 以上の手順で行うと、反転(鏡写し)が成功します!これで二等辺三角形は完成です!とても簡単です。ではつぎにこの複製と反転はどうやって使うのか?いつ使うのか疑問に思うかもしれません。実際の作品例を見ながら解説をしていきます。

レイヤーの複製・反転の作品例

 今回私が作成したイラストが以下の画像になります。このイラストも複製と反転をたくさん使った作品になりますので、どこで使われているか一緒に考えましょう。

100日後LINEクリエイターになるチャレンジ、3日目

どこで使われているかわかるでしょうか?では解説を行っていきます。

顔の輪郭作成の複製・反転

 この顔を複製・反転をしていることに気づけた方は初心者ではありません。私はこうやってイラストを書いていることを全く知りませんでした。以下の画像を見てください。

「犬」のイラストの輪郭を複製するイメージ

 顔の輪郭を半分だけ作成して、これを複製します。もうお気づきかと思われますが、これを反転させて顔の輪郭を作成していくわけです。二等辺三角形を作る時と同じですね。二等辺三角形=左右対称ということがわかります。反転をさせた画像が以下になります。

以上のように左右対称の画像が出来上がりました!このオブジェクトを結合させれば輪郭の完成です。デジタルアートを作っているような感覚になりますね!

また、オブジェクトの結合方法が知りたい!という方は以下の記事からやり方を参考にしてください!

そのほかの複製・反転

 顔の輪郭での複製・反転はわかりましたが、ほかにはどこを使ってるのと思うかもしれません。今回私は以下のレイヤーを複製・反転で作りました。よろしければ参考にしてください!

  • 「犬」の耳
  • 「犬」の目
  • 「犬」の影
耳の反復・複製の画像

ほかにもどうやってイラストを作っていくのか気になった方は下のリンクから動画もありますので、参考にしてください!初心者なりに頑張っています。アドバイスもお待ちしております!

ぐんたろ
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

反省点と参考

 いかがでしたでしょうか?Affinity Designerにおける、レイヤーの複製・反転はデジタルアートには必須のスキルだと感じます。作業効率も格段に上がり、下手くそな私でもそれなりのクオリティーぐらいには仕上がる気がします。また、左右対称に絵を書くとイラストティックになってとっても可愛く見えます。

 今回もまた、犬のイラストを書きましたが、まだまだ、光と影の関係が難しく感じます。めちゃくちゃうまい人のブログを見て、勉強したのですが、わかりませんでした…もしこうした方がいいよっとコメントくださる方いたらよろしくお願いします!

📕amity_sensei(Youtube)
📕Affinity Designer
📕colorfulbox(イラスト・漫画の書き方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました