なぜ投資信託はおすすめしない?やめとけと言われるリスクについて解説

なぜ投資信託は おすすめしない? 投資信託

資産運用をはじめたいと思った方であれば、「投資信託」はまずその候補として上がってくるでしょう。

「投資信託」は資産運用のプロに資金を預け、運用・管理してもらい資産を拡大していく投資スタイルです。

配当金も自動で再投資されるため、「複利の力」を最大限に活かして投資が可能なため、投資初心者の方に人気の投資戦略でしょう。

しかしながら、「投資信託」は「やめとけ」と言われてしまうようなリスク・デメリットもつきものです。

そこで今回の記事では、「投資信託」がやめとけと言われる理由や、「投資信託」で失敗しないための注意点について解説していきます。

なぜ投資信託はやめとけと言われる?おすすめされない理由とは?

「投資信託」は比較的少額から資産運用できる金融商品で、プロに管理・運用も任せられる投資初心者にはおすすめの金融商品です。

しかし、投資である以上、「投資信託」にも「やめとけ」と言われてしまうような一定のデメリット・リスクも存在していることに注意しましょう。

投資信託はやめとけと言われる理由について
  • 元本割れの可能性がある
  • 持っているだけで手数料がかかる
  • 短期的に資産が増えるわけではない

元本割れの可能性あり

「投資信託」は運用をプロに委託できるメリットはあるものの、「元本保証」がされている金融商品ではありません。

10〜20年と長期で保有して資産形成していくのであれば、一度は含み損(元本割れ)が発生することが予想されるでしょう。

出典:SBI証券 「SBI-SBI・先進国株式インデックス・ファンド」

上記のグラフでは、人気のSBI・先進国株式インデックスファンドの過去3年間のチャートとなっていますが、「コロナショック」が起こった2020年付近で株価は大きく下落していることがわかるでしょう。

「コロナショック」がはじまる2019年から投資信託をスタートさせた方であれば、大きく含み損を経験した方もいるでしょう。

「投資信託」で長期に積立を実施したいという方は、「元本割れ」の可能性は十分にありえるということは意識しておきましょう。

持っているだけで手数料がかかる

「投資信託」では忘れてはいけないものとして、「保有コスト(信託手数料)」が発生するということです。

「信託手数料」は運用をプロ(運用会社)に任せるという手間に対する報酬のことです。投資信託によって「信託報酬手数料」は異なるので注意が必要です。

出典:投資信託協会 「そもそも投資信託とは?」

上記の図からも、「投資家」と「株・債券」の間に投資のプロ(運用会社)が間に入っていることで、手数料が発生、この運用コストが「投資信託」がおすすめできない理由としてあげられます。

「投資信託」を選ぶ際には、運用会社へ支払う「信託報酬手数料」が相場通りなのかは必ず確認しましょう。

短期的に資産が増える投資ではない

「投資信託」ではデイトレードのような短期間に爆発的に資産を拡大するほどの効力はありません。

「投資信託」は資本主義社会の恩恵を受けるために、緩やかに右肩が上りの経済の恩恵を受ける投資方法です。そのため、短期的に伸びる企業や通貨・暗号資産に投資しているわけではありません。

「投資信託」では業界・分野・エリアへ広く分散することで、長期的に見て資産が拡大できるような投資を運用会社も実施していきます。

そのため、短期的な資産拡大を目的にして投資をしたい方には「投資信託」はおすすめできません。

投資信託がおすすめできない方の特徴とは?

投資信託がおすすめされないデメリットについて解説してきましたが、投資である以上、どんな投資方法にもデメリット・リスクがつきまとうため、自分にあった投資スタイルを見つける必要があります。

そこで、投資信託がおすすめできない方の特徴について解説していきます。

投資信託がおすすめできない方の特徴とは?
  • 貯金が少ない方
  • 自分好みの銘柄を決めたい方
  • 短期的に資産を拡大したい方

貯金が少ない方

そもそも「投資」に回せるような貯金がないという方は「投資信託」は向いていないでしょう。

「投資信託」は数千円〜数万円程度からでもスタート可能ではありますが、まずは生活防衛資金を確保しておくことで、資産価格の上下にも動揺せずに運用できます。

投資は生活余剰資金の上で運用を開始していくもの、この先半年程度の生活資金を蓄えてから投資や将来設計について考える必要があります。

まずは生活支出の見直しをして収入と支出のバランスを定めて、いくらなら余裕をもって投資ができるのか、数値で確認できるようにしておきましょう。

自分好みの銘柄で決めたい方

投資が好きで、自分好みで銘柄を決めたいという方は「投資信託」はおすすめしづらいです。

なぜなら、「投資信託」は商品の性質上、投資家の資金を「運用会社」が運用して利益を上げていくものです。そのため、自分で銘柄を選定し、売却したりということはすべて「運用会社」が実施します。

自分好みの企業や資産運用を実施してみたいという方であれば、「投資信託」だけでなく、「米国ETF」「株式投資」なども視野に入れて資産運用を検討しましょう。

短期的に資産を増やしたい方

先ほども解説したとおり、「投資信託」では広く分散して株式・債券・不動産に投資しているため、リターンも小さく、短期的に資産が拡大するわけではありません。

長期的な「投資信託」では、利回り3%〜5%程度のリターンのため、10年〜20年とかけて資産を太らせていくイメージです。

出典:金融庁「資産運用シミュレーション (積立額10万円、積立期間10年、年利3%)」

上記のようにコツコツと利益を出して、再投資して資産を拡大していきます。1、2年で資産を2倍にしたいという方は「FX」「株式への集中投資」などのリスクをとった投資も検討しましょう。

投資信託で資産運用する際の注意点

10年〜20年と長期的に「投資信託」で運用したいという方は毎月コツコツと積立をすることで、リスクを分散して資産形成ができるでしょう。

しかしながら、「投資信託」の金融商品を選択する際には注意点もあります。そこで、投資信託で資産運用する際の注意点について解説します。

投資信託で資産運用する際の注意点
  • 長期的な目線の分散投資
  • 手数料は最小限に

長期的な目線の分散投資

「投資信託」の金融商品を選ぶ際には、「長期的な目線で」「広く分散されている」商品を選択しなければなりません。

「長期的な目線」では、3〜5年などの長い期間でしっかり右肩上がりで成長をしているのかを確認しましょう。短期的な上下だけでは、良い「投資信託」なのかどうかは分かりません。

出典:SBI証券 「SBI-SBI・先進国株式インデックス・ファンド」

「コロナショック」のような大暴落が起こったとしても、長期的には成長しているという観点で「投資信託」を選択しましょう。

手数料は最小限に

「投資信託」には運用会社へ支払う「信託報酬手数料」が必要になってきます。この手数料が妥当な商品なのかどうか必ず確認しておく必要があります。

上記はSBI証券で人気の投資信託ですが、どのファンドも信託報酬手数料は「0.1%程度」。これを1つの基準として商品選定していくことが大切でしょう。

投資信託で失敗したくいなら「分散投資」

投資信託がおすすめでない理由として、「信託報酬手数料」「元本割れリスク」「短期的な資産の拡大ができない」というポイントを解説しました。

もちろん、投資信託で投資をすることが「間違い」っているわけではなく、実際に資産拡大をしている方多く存在しています。

「投資信託」で失敗したくないという方は「分散投資」を心がけることが必要です。「投資信託」にもさまざまな商品があるため、自分のリスク許容度にあった商品を見つけることが大切です。

また、「手数料」だけは必ず確認して、無駄なコストを支払わないことが投資の鉄則となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました