大学生は投資信託はやめとけと言われる理由とは?おすすめの投資信託も解説

大学生は投資信託は「やめとけ」と言われる理由とは? 投資信託

投資信託は投資のプロに資産を運用を任せる事ができます。したがって初心者でも安心して資産運用を行う事ができ注目の金融商品の一つです。

しかし、「投資信託で失敗した」「投資信託やめた方が良い」などの声も聞かれます。二極化する意見の中で本当に投資信託はおすすめなのか?メリット・デメリットどちらが大きのか本記事でご解説いたします。

本記事では20代の若い方に向けて投資信託を行うメリットとお勧めの投資信託の紹介と証券口座の説明を行います。

大学生は投資信託はやめとけと言われる理由とは?

私はもっと早い段階で「投資信託を行えば良かった」と後悔しているのですが若い方が投資信託を行うとどのようなデメリットがあるかご紹介いたします。

大学生は投資信託はやめとけと言われる理由とは?
  • 20代なら投資よりも自己投資が大切
  • 元本保証がない
  • 資金力が小さい

20代なら投資よりも自己投資が大切

20代の若い方はまず投資を行うよりも自分に投資した方が良いでしょう。なぜなら知識がない中で投資を行っても失敗する可能性が高いですし。若い頃に特に在学中に知識やスキルを身につけた場合将来の給料に反映されます。

例えば学歴別に賃金を見ると下記の通りになります。学歴が全てではないですがまずは学業を最優先にした方が将来の仕事に関しての不安は減っていく事でしょう。

学歴別、性別別平均年収
性別 男性 女性
高校卒 2億6000万 1億9000万
専門・短大卒 2億5000万 2億円
大学卒 2億9000万 2億5000万

引用:ユースフル労働統計2019

投資は余剰資金で行うのが基本です。無理な投資を行う前に収入の基盤を作ることを先決しましょう。

元本保証がない

投資信託は銀行の預貯金や国債と違い元本が保証されていません。世界情勢や政治の動向によって元本割れが発生するリスクが高くなります。

投資信託はあなたに代わり投資のプロが資産を運用していく為、初心者でも安心して投資を行えますが投資の世界に100%ノーリスクなどの甘い考えは禁物です。利益が出る可能性が高いですが損益が出る可能性があることも頭に入れましょう。

他にも手数料や、信託報酬などの様々なコストが発生するので投資を行う前に事前に糖鎖が必要になります。

資金力が小さい

資金力が少ない学生は少額投資からスタートする必要がありますが、少額で投資を行っても大きな利益につながりにくいです。また資金に余裕がない為無茶な投資を行い失敗するケースがよく見られます。

先述した通り投資は余剰資金で行うものです。投資信託は長期運用を行うことでメリットを出す金融商品な為まずは継続して運用することを心がけましょう。

そもそも投資信託とは?

投資信託とは投資家から集めたお金を運用の専門家が株式、債券などに投資・運用を行う金融サービスです。収益が発生した場合投資額に応じて分配されます。

投資の専門家が運営したとしても投資の世界にはリスクがつきもの、投資信託は元本が保証されていないので注意が必要です。

投資信託のメリット・デメリット
投資信託のメリット
  • 少額から投資可能
  • プロが代わりに運用を代行してくれる
  • 長期的な運用に向いている
  • リスクの分散が容易
投資信託のデメリット
  • 金融機関によって手数料が高い
  • 元本割れの可能性がある
  • 短期的な投資に向いていない

投資信託と株式投資の違い

投資信託と株式投資の違いについてご説明いたします。下記に比較用を記載致しましたのでご確認ください。

  投資信託 株式投資
運用方法 プロが代わりに運用し利益を得る 株式を購入し配当金や値上がりを得る
手数料 高い(信託報酬など) 低い(売買手数料)
運用者 プロ 自分
最低投資金額 1万円以〜 数万円〜
リスク ローリスク(投資信託によって変わる) ハイリスク(リスク分散の方法あり)
収益の種類 値上がり駅
配当金
値上がり益
配当金
株主優待
運用期間 中長期運用がおすすめ 短期〜長期
税金 値上がり率:税率20% または
配当金:税率20%または総合課税5〜45%※

※ 財務省:利子・配当・株式譲渡益課税の沿革

株式投資とは

株式投資とは、企業が新しいサービス・製品を開発するための資金を集めるために「株式」を発行して、投資家に販売、その後利益が上がれば投資家に配当金・株主優待を提供する仕組みです。

こういった企業のことを「株式会社」と呼び、株式会社へ投資してくれた投資家のことを「株主」と呼んでいます。

投資家は証券会社を通して「株式」を売買して、配当金・売却益を狙っていくため、株式投資を始めるのであれば、証券会社の解説は必要不可欠です。

大学生なら投資信託と株式投資どちらがおすすめ?

大学生などのこれから投資を始めたい方は、投資信託をお勧めいたします。投資信託の特徴としてプロに運用を任す事ができ。リスク分散として様々な金融商材に投資していただけます。

一方、株式投資は自ら投資を行わないといけない為リスク管理が難しいです。また知識が乏しい場合失敗するリスクが高くなります。

初心者の方はまず投資信託から始め投資に関しての知識をつけ、株式投資に手をつけることをおすすめ致します。

大学生からはじめる投資信託のメリット

大学生が投資信託を始めるメリットをご紹介いたします。若いうちから投資を行うことで得られるメリットは非常に多く投資に対する知識や長期運用を行う為複利で稼ぐ事が可能になります。

大学生からはじめる投資信託のメリット
  • 投資に対して興味を持てる
  • リスク・リターンに慣れることができる
  • 少額からでのスタートし時間を味方につける事ができる

投資に対して興味を持てる

まず投資に対して興味を持つ事ができます。投資を始めることでお金の流れや経済、企業の仕組みを自ら調べるようになります。

社会人になると自分のために時間を使う事が難しくなってしまう為、学生の間に様々な知識を身につけ金融リテラシーをつけましょう。

学生の間に金融リテラシーを身につけると資産成形を行うことにつながり将来に向けた貯金を始めることにつながります。金融リテラシーは自分の資産をまもることにもつながりお金に関するトラブルも減る事でしょう。

リスク・リターンに慣れることができる

リスクリターンは投資を行う方が絶対必要な考え方の一つです。投資にはリスクが必ず存在します。特に株式投資を行いたい方はリスクに備え様々な種類の株を保有する事でリスクに備える事ができます。

実際に投資を行うとある日自分の投資していた資産が減っている事があります。若いうちにリスクリターンの考え方が身に付いていればこのような場面でも焦る事なく対応できるでしょう。

投資はご自身の余剰資金で行うのが基本です。またリスクの狭範囲を越えると大きな損失を生む原因になってしまいます。少額から運用を行うことでリスクリターンの考え方が身につくことでしょう。

少額からでのスタートし時間を味方につける事ができる

若い頃から資産運用を行うことで時間を味方にする事ができます。複利で運用した場合長期間運用すれば資産が増加するスピードは大きくなります。

例えば月に5万円を年利5%で20年間運用した場合は下記のようになります。

年数 元金 繰越後元金 利息
5年 3,000,000円 3,391,326円 405,356円
10年 6,000,000円 7,719,604円 1,751,769円
15年 9,000,000円 13,243,714 4,298,896
20年 12,000,000円 20,294,036円 8,378,594円

 

上記の図から分かるように複利の効果は積立年数が長ければ長いほど効果的です。5万円を20年間積み立てた場合の利息は約800万円になります。

大学生にもおすすめの投資信託について

続いて、初心者でも始めやすいおすすめの投資信託をご紹介いたします。投資信託はにも色々な種類があり何が良いかわからないと感じる方が多いと思います。

本記事では3種類おすすめの投資信託をご紹介いたしますが、収益をお約束することは出来ないのでご注意ください。

eMAXISSlim 米国株式(S&P500)

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は、米国大型株で構成するS&P500指数に連動することをめざすインデックスファンドです。中長期で経済成長が期待できる米国の主要産業を代表する約500社にこれ1本で投資できます。

非課税制度である一般NISA・つみたてNISAをはじめ、特定口座・一般口座においても毎月・毎日お好きな頻度で積立投資が可能です。

eMAXISSlim 米国株式に投資するメリット
  • 米国の経済成長を味方につける!
  • 長期運用に嬉しい低コスト
  • 非課税メリットを活かす!

引用:マネックス証券 eMAXISSlim

楽天・全米株式インデックスファンド

楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)の特徴は米国株式市場の銘柄をほぼカバーする為リスケを抑えつつ好景気のアメリカに投資する事ができる投資信託です。

楽天証券のファンドセレクションに選定されるほど人気の投資信託です。つみたてNISAの対象に選ばれており非課税で投資を行う事が可能です。

楽天・全米株式インデックスファンドに投資するメリット
  • 楽天VTI1本で米国株式に分散投資できる
  • 信託手数料が0.162%で安い
  • NISA,つみたてNISAで非課税メリットを活かす!

長期的にみても右肩上がりの投資信託で投資の神様ウォーレン・バフェット氏も購入をおすすめしています。

eMAXISSlim 全世界株式(オールカントリー)

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざすインデックスファンドです。このファンド1本で全世界の株式に国際分散投資できる便利なファンドです。

NISA(少額投資非課税制度)で一般NISA・つみたてNISAをはじめ、証券総合取引口座など毎月・毎日お好きな頻度で積立投資が可能です。ぜひ、長期の資産形成でご活用ください。

大学生にもおすすめの証券口座について

SBI証券

出典:SBI証券

SBI証券のここがおすすめ!
  • 業界最安水準の手数料!
  • 貯まるポイントの豊富!Vポイントも使いやすい!
  • 外国株・国内株の取り揃えが豊富
  • 投資信託のカード決済はポイント0.5〜2.0%還元(2022年9月時点)

SBI証券は、金融会社「SBIホールディングスグループのネット証券」です。国内株式・米国株式・投資信託を格安の手数料で購入できる証券会社になっています。

20代の方におすすめなポイントとして、「投資信託」へのカード積立によるポイント還元サービスです。最大2.0%の還元によって投資信託の購入だけで毎月ポイントも得られます。

出典:SBI証券 「クレジットカードの投信積立」

ポイント付与率 対象カード
2.0%
  • 三井住友カード プラチナ VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード プラチナ PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(VISA/ Mastercard)
  • 三井住友カード プラチナプリファード
1.0%
  • 三井住友カード ゴールド(NL)
  • 三井住友カード ゴールド VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード プライムゴールドVISA/ Mastercard
  • 三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
  • 三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
  • 三井住友カードビジネスオーナーズゴールドVISA/ Mastercard
  • 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(VISA/ Mastercard)
  • 三井住友銀行キャッシュカード一体型カード(ゴールド/プライムゴールド)
0.5%
  • 三井住友カード(NL)
  • 上記以外のVポイントが貯まるカード

なかでも「三井住友カード ゴールド(NL)」は年間100万円を利用すれば、翌年以降の年会費は永年無料になるお得なカードで、投資信託のカード積立も1.0%還元で協力です。

カード積立の上限額5万円で毎年6000Vポイントが還元されるので、投資信託の購入だけで配当金として1%もらえるような感覚で投資をスタートできます。

会社概要

会社概要
商号 株式会社SBI証券
SBI SECURITIES Co.,Ltd.
金融商品取引業者登録番号 関東財務局長(金商)第44号(2007/9/30)
銀行代理業者許可番号 関東財務局長(銀代)第12号(2007/9/19)
本店所在地 東京都港区六本木1-6-1  電話:03-5562-7210 (代表)
資本金(2022/6/30現在) 483億2,313万円
決算期 3月
証券口座開設数 840件以上 
取り扱い投資信託数 2600件以上
NISA/つみたてNISA 対応可能
iDeCo 対応可能
ポイント連携 Tポイント、Pontaポイント、dポイント、Vポイント

出典:SBI証券

楽天証券

出典:楽天証券

楽天証券のここがおすすめ
  • 取引コストが業界最安水準
  • 楽天ポイントから投資も可能
  • アプリ・サイトが使いやすい

楽天証券は楽天グループのネット証券です。楽天証券はお客様の「信頼」を最大の価値と考え質の高い投資サービスの提供に努めています。

楽天グループの一員として楽天証券が存在しています。楽天証券は投資家に向けて幅広いサービスを提供すると共に顧客の立場に立ったサービスの提供を行う証券会社です。

楽天証券の投資信託は楽天経済をご利用の方に非常に人気で、溜まったポイントは全て普段のお買い物に領することもできますし、投資信託の積立にもポイントを利用する事ができます。

引用:楽天証券 RPU

楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定の上、月合計30,000円以上のポイント投資で楽天市場でのお買い物ポイントがプラス0.5倍になるサービス存在します。

会社概要

楽天証券会社概要
商号 楽天証券株式会社
英文:Rakuten Securities, Inc.
代表者 代表取締役社長 楠 雄治
設立 1999年(平成11年)3月24日
資本金 19,495百万円
株主構成 楽天カード株式会社(100%)
従業員数 598名
内、日本証券業協会 外務員登録者数533名
内、独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者資格取得者446名
(2022年5月31日現在)
加入協会 日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

引用:楽天証券

大学生なら少額からの投資信託はおすすめ!

まとめ、大学生から投資を始めるには投資信託がお勧めです。大学生の頃から投資信託を始めると下記のメリットがあり早い段階で投資することをおすすめ致します。

大学生からはじめる投資信託のメリット
  • 投資に対して興味を持てる
  • リスク・リターンに慣れることができる
  • 少額からでのスタートし時間を味方につける事ができる


投資信託は少額から投資を行う事ができ、若い頃から投資を始めることで時間を味方にする事ができる為リスクを抑え複利で元本を増やす事が可能です。

政治、経済にも興味が湧く為就職活動にも有利になりますし、金融リテラシーも身に付きます。

当記事ではおすすめの証券口座と投資信託もご紹介してるのでご参考にして頂けると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました